人気のバイアグラジェネリックを手に入れる

広く知られるバイアグラ

バイアグラと言えば、一世を風靡したED治療薬として広く知られています。
それまで確実にEDを改善できる治療法と言えば手術が主で、高額な手術費用のために多くの人が手を出せませんでした。
それが1錠飲めばすぐに効果が得られて正常な勃起が得られるようになったという事で、今ではED治療薬と言えばこれというくらい知られています。
実際に今でも人気が高く、馴染みのある名前から真っ先に試す方も多いようです。

バイアグラにもあるお得なジェネリック医薬品

しかし、この一番有名なED治療薬にも、お手ごろ価格で嬉しいジェネリックがあるのをご存知でしょうか。
ジェネリックは主成分が先発薬と同じですから、効果もほぼバイアグラと変わらないパワフルな勃起力を得る事ができます。
それでいて開発費はほとんどかかっていませんから、先発薬よりも低価格なのが特徴です。
最近では特許の期間が過ぎ、日本でも国内大手後発品メーカーからバイアグラジェネリックが発売されるようになりました。

病院で処方してもらう

主な入手方法はふたつあります。
1つは、国内で作られたバイアグラジェネリックを処方しているED外来やクリニックに行く方法です。
まだ発売されたばかりでどこででも処方してもらえるわけではありませんが、すでに通院している方は取り扱っているか一度確認してみて下さい。
ただし、ED治療は健康保険適用外であるため、病院で処方できたとしても思ったより安くはならないというのが現状です。
ライバルの多い都会のクリニックでは安く、少ない地方では高くなる傾向があるので、住んでいる場所によって経済的負担も変わってくるでしょう。

個人輸入で入手する

もう1つの方法は、ネットの個人輸入代行サービスを利用する方法です。
これは通販のような手軽さが売りで、注文すれば個人輸入だと意識する事なく購入でき、自宅まで配達してもらえます。
さらに、海外ではライバルが多いため、驚くほどリーズナブルな価格で購入できるのです。
何度かバイアグラを利用した事がある方なら、個人輸入も視野に入れて治療に臨むと良いでしょう。

バイアグラのジェネリックの購入方法

ED治療薬でも特に人気

ED治療薬は飲むだけで男性の悩みを解消してくれることもあり、多くの人に愛用されています。
現在はさらに新しい薬も登場していますが最初に登場したバイアグラは特に知名度も高く、新しい薬が登場した今もこの薬を選ぶ人が多いものです。
食事の影響を受けやすいなどの欠点はあるもののしっかりとした勃起を得られることもあり、多くの人に選ばれている薬です。
薬局やドラッグストアで購入できる薬ではありませんが、医療機関にて処方してもらうことが可能です。

保険適用はされない

バイアグラは保険適用される薬ではありませんので、価格も1錠でも1500円前後は必要となります。
それゆえに性行為を自由に楽しもうとするとそれだけ多くの薬が必要となり、負担は大きくなってきます。
薬はあくまで一時的な効果ですので、性行為のたびに服用していかなくてはいけません。
薬はより安く購入できる方法もありますので、治療費の負担が気になる人はより安く購入できる方法も調べてみると良いでしょう。

ジェネリックにも注目しよう

ED治療薬は少し前までジェネリックは販売されていませんでしたが、バイアグラのジェネリックの国内での処方も始まっています。
バイアグラと比べて劇的に安いというわけではありませんが、同じ有効成分の薬がより低価格で購入できるようになりました。
少しでも費用を抑えたいという場合はそうした薬を選んでみるのも良いでしょう。
今後もさらに効した薬が増えてくることが予想されます。
同じ有効成分ですが、コーティング剤や製法には違いがありますので、やや使い勝手が違う場合もあります。

より安く購入するなら

より安くバイアグラのジェネリックを選びたいという場合は海外医薬品にも注目してみましょう。
こうした薬は医療機関に足を運ばずとも個人輸入ならインターネットを通じて購入することができます。
海外ではすでにジェネリック的な薬が多く販売されており、国内のジェネリックよりさらに低価格で販売されています。
種類も豊富で水で飲むだけではなく、溶かして飲むものや噛み砕いて飲むもの、ゼリータイプなども販売されています。

安心できるバイアグラのジェネリック

根強いバイアグラ人気

男性のED治療薬として華々しく登場したバイアグラですが、その期待できる効果の高さから瞬く間に広まって、様々な社会現象を引き起こしました。
現在でも勃起不全などに悩む男性から高い支持を獲得し続けていて、もはやED治療薬の代名詞として一般にもその名前が知れ渡っています。

費用がかかるバイアグラ

高い効果が期待できる反面、日本ではバイアグラは医師の処方箋が必要な薬となっています。
更に保険外診療であるため健康保険の適用を受けることが出来ず、日本で使用するには非常に高価な薬となってしまいました。
特に勃起不全治に関する問題は、一回治療すれば完治するというたぐいのものではありませんので、継続した服用を考えると費用が高額になってしまう傾向があります。

信頼のおけるジェネリック医薬品

そこで海外からバイアグラを個人輸入するというケースが増加したのですが、医師の指導が無く適切な処方がされないという問題点ばかりか、海外では怪しげな業者が粗悪なニセ薬を安価で流通させており、それらを服用してしまう危険性もありました。
そんな中、注目されているのがジェネリックです。
2014年にバイアグラの勃起不全治療薬としての特許が切れたことから、他のメーカーでも実績を積んできている同様の成分を利用したジェネリックの販売が開始されました。

ジェネリックの魅力

ジェネリック医薬品は、これまでに実績を積んできた医薬品の有効成分を引き継ぐ形ですから、その効果に信頼がおけるものになります。
さらに医薬品のコストの大きな部分を占める研究開発費が抑えられるので、消費者の立場からすると、薬を安価に手に入れることが出来るというメリットがあります。
高い効果が期待できる反面、価格が高くなってしまっていたバイアグラですが、消費者にとって、そのジェネリックが登場したということは非常に好ましいことだといえるでしょう。
また正規の薬自体が安価になったということは、安全性に疑問が残るようなニセ薬の流通で暴利を稼ぐというケースも、今後は減少していくことが期待できますので、その面でも消費者にとっては好ましいと言えるでしょう。

バイアグラの購入とジェネリック

処方と個人輸入

バイアグラは日本では基本的にクリニックで処方を受けて購入しますが、保険は適用されないためコストが高いのがネックといえるのではないでしょうか。
なお、日本で厚生労働省が承認しているのは、25mgと50mg錠のみとなっています。
これに対して海外からの個人輸入サイトを利用すると、バイアグラの100mg錠を入手するルートがあり、値段も安いのが魅力です。

バイアグラのネット購入は慎重に

100mg錠の値段についてですが、日本での販売価格を考えれば、有効成分が50mgの倍として100mgの価格も3,000円~4,000円の相場が妥当なはずです。
ですが、インターネットの販売ルートでは1錠1,500円から2,000円程度で販売されています。
安くてお得という見方もできますが、実は怖いところがあります。
本当に安く手に入るならいいのですが、偽物である可能性も否めません。
信頼できるサイトを見つけるとともに、正規品であるか十分に確認する必要があります。

ジェネリックのほうが安心

ネット上で販売されている安いバイアグラを見ていると、それと並んでジェネリック薬品が目に留まることもあるかもしれません。
これについては、さらにお安く1錠あたり500円程度から販売されているのです。
ジェネリック医薬品は、最初に開発した製薬会社の特許が切れた後に成分や効果を同等にして作られるものです。
特許が切れたために安いのであって、偽物だから安いのではありません。
そのため、コストを抑えて買いたいなら、真偽のほどが怪しいバイアグラより、ジェネリックのほうが安心と考えることもできるでしょう。

飲みやすさや使いやすさなど種類も豊富

ジェネリックは安くても、成分や効果は同じになるよう作られています。
そのうえ、後発メーカー独自の工夫なども加えられているケースがあるのは注目ポイントといえるかもしれません。
たとえば、ゼリー状になっているものや、水無しで舌で溶かせて何処でも気軽に飲めるタイプもあります。
飲みやすさや使い勝手の良さが、先発薬より選れていることもあるのです。