バイアグラの購入とジェネリック

処方と個人輸入

バイアグラは日本では基本的にクリニックで処方を受けて購入しますが、保険は適用されないためコストが高いのがネックといえるのではないでしょうか。
なお、日本で厚生労働省が承認しているのは、25mgと50mg錠のみとなっています。
これに対して海外からの個人輸入サイトを利用すると、バイアグラの100mg錠を入手するルートがあり、値段も安いのが魅力です。

バイアグラのネット購入は慎重に

100mg錠の値段についてですが、日本での販売価格を考えれば、有効成分が50mgの倍として100mgの価格も3,000円~4,000円の相場が妥当なはずです。
ですが、インターネットの販売ルートでは1錠1,500円から2,000円程度で販売されています。
安くてお得という見方もできますが、実は怖いところがあります。
本当に安く手に入るならいいのですが、偽物である可能性も否めません。
信頼できるサイトを見つけるとともに、正規品であるか十分に確認する必要があります。

ジェネリックのほうが安心

ネット上で販売されている安いバイアグラを見ていると、それと並んでジェネリック薬品が目に留まることもあるかもしれません。
これについては、さらにお安く1錠あたり500円程度から販売されているのです。
ジェネリック医薬品は、最初に開発した製薬会社の特許が切れた後に成分や効果を同等にして作られるものです。
特許が切れたために安いのであって、偽物だから安いのではありません。
そのため、コストを抑えて買いたいなら、真偽のほどが怪しいバイアグラより、ジェネリックのほうが安心と考えることもできるでしょう。

飲みやすさや使いやすさなど種類も豊富

ジェネリックは安くても、成分や効果は同じになるよう作られています。
そのうえ、後発メーカー独自の工夫なども加えられているケースがあるのは注目ポイントといえるかもしれません。
たとえば、ゼリー状になっているものや、水無しで舌で溶かせて何処でも気軽に飲めるタイプもあります。
飲みやすさや使い勝手の良さが、先発薬より選れていることもあるのです。