プロペシアの副作用でED症状が生じる事もあります

知らなかったでは済まないプロペシアの副作用とは
AGA治療の現場では、必ずといって良い程に利用されるのがプロペシアです。それだけ効果が高い反面、男性には看過できない副作用の恐れもあります。それは勃起障害・ED症状被害です。日本では基本的に医師の処方による服用が義務付けられている薬品ですから、この副作用に関しても細心の注意が払われています。しかし個人輸入による利用者がたいへん多くなっている現在、副作用について知らなかったでは済まない代償となります。ですから、その点については詳しいチェックが必要でしょう。プロペシアの有効成分・フィナステリドが男性ホルモン・テストステロンに直接作用するために、性欲の減退や勃起機能低下の症状が確認されています。これら性機能障害の発症率は5%にも満たない数値ですが、男性にとっては大問題です。ハゲでしかも性機能がダメともなれば、そのショックは計り知れないものがあるでしょう。ただしプロペシアの服用を中止する事で、それらの症状も回復するのが一般的です。個人使用をしている方は注意深くチェックを掛けていく様におすすめします。万が一にも勃起力が落ちるとか、性欲が湧かない状態になれば、即専門のクリニックへと診察に行きましょう。さもないと最悪EDになってしまう危険もあり得ます。

女性にはもっと大きな副作用がでます
女性にとってプロペシアは超危険な劇薬となります。これは医学界では当たり前の知識ですが、プロペシアは妊婦には服用禁忌です。服用はおろか皮膚摂取からでも流産を含む胎児危険度が確認されている成分で、医学上の分類では、胎児危険度が最高ランクのXとされています。そこで個人使用の方は、くれぐれもプロペシアの錠剤を妻に触らせない様にしましょう。ましてやいたずらで飲んでしまわない様に、管理面でも注意が必要です。この点に関しては輸入代行サイトでは触れていないケースもあって、利用者が無知な状態でいる事があります。他にも副作用はありますが、それらを事前にチェックしてから利用するべきでしょう。