バイアグラのジェネリック薬品

バイアグラを使う時

歳を重ねていくと性器に元気がなくなる事を実感してしまいます。
勃起不全で悩む人は多くいて、社会現象にまでなってしまったのです。
そんなときに救世主のごとく発売されたのが、バイアグラでネットでも取りざたされるぐらい衝撃的な出来事でした。
発売された当初は品切などが多くあり、なかなか手にすることができない人が多くいたのを覚えています。
その後もメディア等でも多く掲載されて流行語大賞にも選ばれたぐらい凄いフィーバーでした。

バイアグラのジェネリック薬品

1998年に海外の大手薬品会社が、勃起不全の治療薬として発売したのがバイアグラでした。
少し前に成分特許がきられた事によって、他の会社がジェネリック薬品として発売したのです。
この薬が国内で、一番最初に勃起不全のジェネリック薬品なのです。
開発費用が莫大にかかるバイアグラに比べて、低コストで開発できるためいろんな会社が売り出し始めたのです。
成分は同じでも、形や使い易さをそれぞれの会社が工夫して売り出しています。

ジェネリック薬品のひとつ

シルデナフィルとシルデナフィルOD、この2つの薬がとても人気があり口コミでも評判がいいです。
シルデナフィルという薬は、バイアグラに形もよく似ていて安心して使用することができると評判がよく安心感を与えています。
今いろんなジェネリック薬品が発売されていますが、シルデナフィルが一番安く発売されておりどのサイトを見ても品切れが多い状態になっています。

もうひとつのジェネリック薬品

シルデナフィルOD錠は、ジェネリック薬品の中で国内で一番最初に発売された薬で根強い人気を誇ります。
人気のひとつに水無しで飲むことができるという特徴にあります。
やはり水無しで飲む事ができるということは、いつでも飲める便利さもあり扱いやすいです。
それと味がついているというのも人気で、コーヒー風味とレモン風味の二種類あるのです。
この味をつけることから見ても、会社によっていろんな工夫しているのがわかります。
これからバイアグラのジェネリック薬品は、どんどん開発されていると言われています。