カテゴリー別アーカイブ: 入手方法

プロペシアの副作用でED症状が生じる事もあります

知らなかったでは済まないプロペシアの副作用とは
AGA治療の現場では、必ずといって良い程に利用されるのがプロペシアです。それだけ効果が高い反面、男性には看過できない副作用の恐れもあります。それは勃起障害・ED症状被害です。日本では基本的に医師の処方による服用が義務付けられている薬品ですから、この副作用に関しても細心の注意が払われています。しかし個人輸入による利用者がたいへん多くなっている現在、副作用について知らなかったでは済まない代償となります。ですから、その点については詳しいチェックが必要でしょう。プロペシアの有効成分・フィナステリドが男性ホルモン・テストステロンに直接作用するために、性欲の減退や勃起機能低下の症状が確認されています。これら性機能障害の発症率は5%にも満たない数値ですが、男性にとっては大問題です。ハゲでしかも性機能がダメともなれば、そのショックは計り知れないものがあるでしょう。ただしプロペシアの服用を中止する事で、それらの症状も回復するのが一般的です。個人使用をしている方は注意深くチェックを掛けていく様におすすめします。万が一にも勃起力が落ちるとか、性欲が湧かない状態になれば、即専門のクリニックへと診察に行きましょう。さもないと最悪EDになってしまう危険もあり得ます。

女性にはもっと大きな副作用がでます
女性にとってプロペシアは超危険な劇薬となります。これは医学界では当たり前の知識ですが、プロペシアは妊婦には服用禁忌です。服用はおろか皮膚摂取からでも流産を含む胎児危険度が確認されている成分で、医学上の分類では、胎児危険度が最高ランクのXとされています。そこで個人使用の方は、くれぐれもプロペシアの錠剤を妻に触らせない様にしましょう。ましてやいたずらで飲んでしまわない様に、管理面でも注意が必要です。この点に関しては輸入代行サイトでは触れていないケースもあって、利用者が無知な状態でいる事があります。他にも副作用はありますが、それらを事前にチェックしてから利用するべきでしょう。

EDの治療法はどんなものがあるか

EDの治療薬

現在、EDの治療をするには、いろいろな方法があります。
まず、手軽だといえるのは、バイアグラやレビトラなどの薬を使った療法でしょう。
これらは、病院で診察を受けて処方してもらえますが、インターネットでも買えたりします。
しかもバイアグラにはジェネリック薬があり、経済的な方法だともいえるでしょう。

心理・ホルモン療法

次に、心理療法があります。
これは、心因性の勃起不全の場合、効果が高い方法です。
いずれにしても、原因を検査してから行われます。
さらに、ホルモン療法があります。
この施術は、男性ホルモンの減少で勃起不全症状の出ている患者には有効ですが、身体には大きな影響が出るといわれます。
ですから、病院でしか行えなくて、医師の指示がなければなりません。

陰圧式勃起補助法

そして、陰圧式勃起補助器具を使う方法があります。
これは、薬を使って治せない人・効果の得られない人へ使われる方法です。
副作用がほとんどない・手軽に使用できる・何度でも使える方法ですが、陰茎へ圧力をかけるので弊害はあります。
それは、過剰な締め付けでの射精障害・壊死といったリスクがありますから、この点へは注意が要るのです。

海綿体注射療法・外科手術

それから、海綿体注射療法があります。
これは、勃起させる血管拡張剤を直に陰茎へ注射する方法で、5分くらいで効果が得られるのです。
その効果は、2時間ほど継続します。
それに、最後の手段ともいえる、外科手術で治す方法です。
血管の外科手術で、血流の足りない場合に行われます。
これは、血管が詰まってる場合も改善されますし、シリコンでできた支柱を埋め込むケースもあるのです。

以上のように、それぞれの人の症状で、一番いいとされる治療法が執られますが、もっとも一般的は方法はバイアグラ(ジェネリックも登場)などのED治療薬の入手でしょう。

人気のバイアグラジェネリックを手に入れる

広く知られるバイアグラ

バイアグラと言えば、一世を風靡したED治療薬として広く知られています。
それまで確実にEDを改善できる治療法と言えば手術が主で、高額な手術費用のために多くの人が手を出せませんでした。
それが1錠飲めばすぐに効果が得られて正常な勃起が得られるようになったという事で、今ではED治療薬と言えばこれというくらい知られています。
実際に今でも人気が高く、馴染みのある名前から真っ先に試す方も多いようです。

バイアグラにもあるお得なジェネリック医薬品

しかし、この一番有名なED治療薬にも、お手ごろ価格で嬉しいジェネリックがあるのをご存知でしょうか。
ジェネリックは主成分が先発薬と同じですから、効果もほぼバイアグラと変わらないパワフルな勃起力を得る事ができます。
それでいて開発費はほとんどかかっていませんから、先発薬よりも低価格なのが特徴です。
最近では特許の期間が過ぎ、日本でも国内大手後発品メーカーからバイアグラジェネリックが発売されるようになりました。

病院で処方してもらう

主な入手方法はふたつあります。
1つは、国内で作られたバイアグラジェネリックを処方しているED外来やクリニックに行く方法です。
まだ発売されたばかりでどこででも処方してもらえるわけではありませんが、すでに通院している方は取り扱っているか一度確認してみて下さい。
ただし、ED治療は健康保険適用外であるため、病院で処方できたとしても思ったより安くはならないというのが現状です。
ライバルの多い都会のクリニックでは安く、少ない地方では高くなる傾向があるので、住んでいる場所によって経済的負担も変わってくるでしょう。

個人輸入で入手する

もう1つの方法は、ネットの個人輸入代行サービスを利用する方法です。
これは通販のような手軽さが売りで、注文すれば個人輸入だと意識する事なく購入でき、自宅まで配達してもらえます。
さらに、海外ではライバルが多いため、驚くほどリーズナブルな価格で購入できるのです。
何度かバイアグラを利用した事がある方なら、個人輸入も視野に入れて治療に臨むと良いでしょう。

バイアグラのジェネリックの購入方法

ED治療薬でも特に人気

ED治療薬は飲むだけで男性の悩みを解消してくれることもあり、多くの人に愛用されています。
現在はさらに新しい薬も登場していますが最初に登場したバイアグラは特に知名度も高く、新しい薬が登場した今もこの薬を選ぶ人が多いものです。
食事の影響を受けやすいなどの欠点はあるもののしっかりとした勃起を得られることもあり、多くの人に選ばれている薬です。
薬局やドラッグストアで購入できる薬ではありませんが、医療機関にて処方してもらうことが可能です。

保険適用はされない

バイアグラは保険適用される薬ではありませんので、価格も1錠でも1500円前後は必要となります。
それゆえに性行為を自由に楽しもうとするとそれだけ多くの薬が必要となり、負担は大きくなってきます。
薬はあくまで一時的な効果ですので、性行為のたびに服用していかなくてはいけません。
薬はより安く購入できる方法もありますので、治療費の負担が気になる人はより安く購入できる方法も調べてみると良いでしょう。

ジェネリックにも注目しよう

ED治療薬は少し前までジェネリックは販売されていませんでしたが、バイアグラのジェネリックの国内での処方も始まっています。
バイアグラと比べて劇的に安いというわけではありませんが、同じ有効成分の薬がより低価格で購入できるようになりました。
少しでも費用を抑えたいという場合はそうした薬を選んでみるのも良いでしょう。
今後もさらに効した薬が増えてくることが予想されます。
同じ有効成分ですが、コーティング剤や製法には違いがありますので、やや使い勝手が違う場合もあります。

より安く購入するなら

より安くバイアグラのジェネリックを選びたいという場合は海外医薬品にも注目してみましょう。
こうした薬は医療機関に足を運ばずとも個人輸入ならインターネットを通じて購入することができます。
海外ではすでにジェネリック的な薬が多く販売されており、国内のジェネリックよりさらに低価格で販売されています。
種類も豊富で水で飲むだけではなく、溶かして飲むものや噛み砕いて飲むもの、ゼリータイプなども販売されています。